ボタニカル キネティクス スキン ファーミング トーニング エージェントの体験口コミ

AVEDAのボタニカルシリーズはその名にある通り花の成分を中心に植物性保湿成分に特化した化粧品で、AVEDAのスキンケアのシリーズの中でクリームからピーリングまでお手入れが行き届く長く人気のある商品です。

 

AVEDAの商品はこのボタニカルシリーズに限らず、自然の恵みと力を最大に生かすあなたのためのケアというのがモットーで、このトーニングエージェントはそのコンセプトにふさわしい自然の恵みが見事に配合されて、作られたミスト型化粧水です。

 
またAVEDAは世界中の約8000ものサロンで愛用されていて、その商品の品質の高さともたらす効果はお墨付き。
AVEDAはそれだけではなく、自然環境にもやさしい商品作りを目指していて、美と地球環境が調和のとれる地球にやさしいが信念のプロダクトに仕上がっています。

<どんな成分が含まれていて効果は?>


ボタニカルキネティクス スキンファーミングトーニングエージェントには植物保湿成分として、コーンフラワーエキスとローズエキスが含まれている。

 
コーンフラワーは別名矢車菊とよばれ、鮮やかな青色をした美しい花は、マリーアントワネットのお気に入りだったともいわれています。
その鮮やかな青色にはブルベリーなどと同様、疲労回復、老化防止に効果のあるアントシアニンという成分が含まれており、アンチェンジングを助けます。

 
またその抗菌性の高さからよくマウスウォッシュにも配合されています。
食用やお茶としてもよく用いられる花ですが、特に香りや味はなく、いろんな用途に使える便利なハーブです。

 
ローズエキスは何といっても抗菌作用が非常に高く、肌の細胞も活性化させるので、美白やアンチェンジング効果に絶大な役目を果たします。
そしてなんといってもその甘い香りが精神を落ち着かせ、心身を癒すヒーリング効果が高いことでも有名です。

 

このトーニングエージェントにはノズルがついていて霧吹きのようにミストが噴射するので、肌に吸収されやすく使いやすい構造になっています。
朝洗顔の後、目に入らないように顔にミストを振りかけます。乾燥肌~普通肌用なので、乾燥がきつい暖房が効いた部屋、冬のかさつくシーズンには

 
メイクの上からでもミストをふりかけて保湿成分を補うことができます。
ミストを噴射するたびにローズのほんのりと甘い香りと、自然のアロマが広がり、森の中にいるようなさわやかな気分になります。

<実際に使ってみた感想>


常に乾燥を気にしていた私にはもうなくてはならない存在で、保湿成分の多い化粧水タイプだと使った後、べたついて、
さっぱり感にかけますが、このミストは肌への浸透が早く、ふりかけるとすっと肌の表面になじむので、

 
化粧崩れすることなく、リフレッシュすることができます。
150mlの瓶にはいっているので、100均などで、小さい詰め替え用に移して、いつも鞄に忍ばせておけば、外出しても心配なく、冬のお出かけも乾燥知らずでとても重宝しています。

 
このミストはほんのりの香りなので、時々髪の毛にもふりかけて、香りとそのフレッシュ感を楽しんでいます。
コーンフラワーには実は抜け毛を防ぐまた血行をよくする効果があるので、髪の毛にふりかけたら地肌を少しマッサージしてあげます。

 
そうすると毛先などの少し乾燥気味な部分がしっとりして、同時に地肌もリフレッシュしたような感覚になってとても気持ちいいです。

 
また唇などが乾燥するときは霧吹きをコットンなどに吹き付けて、唇全体にパッティングすることで、ローズ成分の保湿効果が乾燥しがちな唇も潤ってくれ、メンソレータムなどの薬用リップでよく皮がむけてしまう私には荒れしらずのしっとり唇を保つのにとても効果的です。

 
自然の保湿効果で心身ともに元気になれます。

おすすめ!エスティローダの保湿液|体験口コミレビュー

皆さんは保湿液に何を使用されていますか?保湿液は化粧水や美容液を肌に浸透させて後、それを逃がさないように蓋をする役割を果たします。

 

化粧水や美容液だけで終わってしまうと、せっかく浸透させた美容成分がどんどん蒸発してしまいます。

 

化粧水と美容液のあとは、時間をおかずにすぐに保湿液を塗布してあげましょう。

・なぜこの保湿液に辿り着いたのか

私が海外旅行中に見つけたこのエスティローダの保湿液。もともと日本製が安心して使えるので、日本製びいきなところがあったのですが、友人にエスティローダのナイトリペアという美容液がおススメだと言われて、その友達が特別肌がキレイだったこともあり、エスティローダに足を運びました。

 

さっそく試した美容液が最高に調子がよかったので、もしかしたら他の商品もいいのかも、と思って使い始めたのがこの保湿液です。半信半疑で使い始めたものの、今では定番のリピート商品になりました。

・使用感

香りはそれほど強くなく、フローラルな花の香です。私はこの香りも結構気に入っています。化粧品って変な香りがあるものも結構多いのですが、これはずっとかいでいたくなるような優しい香りです。

 

カラーはほんのりうすい黄色で、プルプルとした保湿液です。構造的には中蓋がついていて、私は商品自体の乾燥を防ぐために内蓋も毎回開け閉めしています。構造は少し厄介ですが、効果がいいので大したこともないです。


私はパール1粒大を手にとって、香りを楽しみながら顔全体に塗布します。私は朝夜の2回使用していますが、使用後にべたつくこともなく、朝のファンデーションの前もメイクの邪魔をしません。


・効果

この保湿液も美容液に次いで効果が実感できる商品です。1回使っただけでも肌の状態の違いがわかるはずです。私も1回でしっかりと効果が実感できました。美容液とコラボして使用しているので、何倍もの効果を発揮してくれていると思います。

 

私は1年以上継続して使用していますが、肌が強くなって荒れにくくなった、という印象があります。特におすすめの使い方が、入浴後だけでなく、夜間寝る前にもう一度塗布することです。私はこの保湿液だけ寝る前にもう一度塗布しています。

 

これがまた効果抜群です。特別肌の荒れているときは、夜間トイレで起きたときに、ついにもう1回塗ったりするとさらに朝起きたときの状態がいいです。毛穴は小さくなり、肌がもちっとしています。

 

メイクするときに肌がきれいだと、普段の何倍もメイクを楽しむことができますよね。私にとっては肌の状態は一日の気分を左右するぐらい大きな影響を及ぼします。それぐらい元々肌が荒れやすいことがコンプレックスでした。

 

今ではかなりストレスフリーに毎日生活出来ている出の、本当にエスティローダに感謝です。また、私は普段乾燥したところに住んでいるので、保湿液の肌に及ぼす影響は絶大で、保湿液だけでこんなに変化がでるものか、と思うぐらいおススメの商品です。

・購入方法

私は空港を通ることが多いので、いつも空港の免税店で購入しています。海外産なので、空港で買うと少なくとも税金分は安く買えます。私の中では定番のリピート商品なので、2個まとめ買したりして他の商品のサンプルをもらったりしています。

 

スキンケア商品の中では少しコストの高い商品かなとも思いますが、それだけリッチな成分が含まれており、購入した分は全て自分に還元できると思ったら安い買い物です。スキンケアは早くから始めれば、早いに越したことはありません。

 

しわのあるしみだらけの肌にならないように、皆さんもご自身の肌をいたわって、普段からのケアをしっかりと時間をかけて行ってあげてくださいね。

万能ピュアオイル!馬油の美肌力

馬油が美容効果に絶大な影響があることが近年注目されてきました。

 
加齢によるしわ、シミ、乾燥などの悩みを解消してくれ、美しい健康な肌を馬油で手に入れるためにまずは「馬油」とはいったい何なのか?を検証したいと思います。

<馬油の特徴>

バーユ。マーユなどと呼ばれるこの油は馬の皮下脂肪のことを指します。
食用になる馬の腹、首といった部位から摂取される馬油はオレイン酸、リノール酸などの脂肪酸をたくさん含んでおり、本来皮膚治療に利用されていました。

 

バーユの特徴にラードのような独特の匂いがあるのは実はこのオレイン酸が原因で、本来薄い黄色をした液体状のもので、水には溶けず、クロロホルム、アセトン、エチルエーテルなどの有機溶媒に溶ける物質です。

 
不正油脂のオレイン酸は保湿力が高く、蒸発、酸化しにくい特徴があり、油ヤケを防ぎ、紫外線も吸収するという非常にベネフィットの高い物質であることが理解できます。実際私たちの皮下にも40%以上のオレイン酸が含まれていて、体内に取り入れても害のない大変ありがたい物質なのです。

<美容効果>


ではこのオレイン酸他たくさんの効能がいったい実際どのように美容に効果をもたらすのでしょうか?まずはこのバーユの浸透力です。手に取るとかなりべっとりして、重量感があるこのバーユですが、肌に塗ると瞬間に吸収されてしまいます。

 

浸透性が良いのは私たちの肌に非常に近い物質だからこそで、乾燥肌にすぐ効果が表れるのはこの驚異の浸透性が関与しています。浸透した油分は長く皮脂にとどまることで肌のみずみずしさを保つことが出来るわけですが、この作用に欠かせないのが「セラミド」です。

 

バーユには「馬セラミド」がとくにこの浸透性を助け更に保湿効果を上げてくれ肌を乾燥から防ぐのです。

 

酸化は物質のエイジングを促進します。その点このバーユは酸化しにくいオレイン酸とビタミンE、αリノレン酸が含有していることで酸化から肌を守ります。肌に浸透すると同時に肌内の空気を排出し酸化を防ぐのです。

 

また肌に浸透したバーユは皮下脂肪となじむことで広く皮下に広がるため少しの量で広い範囲をカバーし、広がるごとに血行が促進され血流もよくしてくれる効果があります。更にリノレン酸には酸化を防ぐだけでなく、炎症や熱を収める作用があり、腫れや痛みを抑える効果も持っています。

 

バーユは鉱物油とはちがい口に含んでも害のない物質です。通常動物性皮脂にはコレステロールが多く含まれ、食すと脂肪の原因になります。バーユは動物性でありながら植物性のような特徴がありとても健康的です。私たちの肌の成分にも含まれるものですから塗りすぎによる油ヤケのような症状は起こす心配がないのも特徴です。

<どんな時どういう風につかうのか>


人体に無害のバーユの特徴は身体全体に使用が可能ということです。
バーユを使用してマッサージを軽く施すことで、さらに血行が良くなりしわを作りにくくします。手のひらで頬から顎にかけて下すようにマッサージしましょう。

 

首筋は指の腹を使ってなでおろすようにマッサージします。シミが気になる部分にはすりこむように軽くなでるようにマッサージすると効果的です。
日焼けの後には体を冷水で冷やし、患部に軽く伸ばしてあげましょう。

 
ニキビが気になる人は洗顔をしっかりした後、お風呂上りなどに顔にすりこみます。アトピー性の皮膚炎にはあまり強くすりこまず、肌表面に滑らせるよう、肌に負担がかからないように気をつけましょう。肌と言えば頭皮にも効果があります。地肌を動かすような要領で指先は固定してマッサージすれば、抜け毛予防になります。

 

唇の荒れにも効果的で少量を軽くぬって、マスクなどをして就寝すれば朝には炎症が収まっています。

こんなミラクルな万能化粧品がほかにあるでしょうか、
私にとってバーユは一家に一つあるべき常備薬だと認識しています。

 

健康な肌を長く保つには何よりも自然でナチュラルなケアを心がけることだと思っています。
このバーユがその信念を叶えてくれる私には生活に欠かせない大事なツールです。